園での活動

名倉みふね幼稚園は、子どもの仕事である「あそび」を大切に考え、「文武両道」教育を行っています。

幼児期は神経系統の「プレ・ゴールデンエイジ」にあたり、80%の成長を遂げます。しかし、生まれてわずか数年の子どもたちが自分の好きなあそびをするだけでは、同じ神経の成長しか促されません。この大変貴重な幼児期だからこそ、様々な経験をより効率良く行うことが重要であると考え、楽しみながら成長できるカリキュラム・課外活動を用意しています。